点滴8回目 悪玉活性酸素に勝つ

  • 2017.04.17 Monday
  • 01:02

 

今日は点滴8回目だった。

 

点滴が漏れたらしく腕が腫れてしまいましたモゴモゴまあ、こんな日もあるだろう。

 

点滴

 

診察もしてもらったので、気になっていたことを聞いてみました。

 

5年くらい前から親指の爪に薄い黒い線があって、気になっていました。

 

先生はスコープで爪を見てくれて、「ホクロなので消えることはありません。問題ないけど、もし色が濃くなったり形が変わったりしたらすぐに来てください」と言っていました。ガンではなかったらしい。顔にホクロ一つもないのに爪にできるなんて・・・。いつもの「ヒルドイト軟膏」「シーピービタミンC」を処方してもらい帰りました。

 

 

家に帰ってからよく考えたのですが、点滴やめることにしました。

 

 

美容にも良いといわれていて、デメリットは料金が高いのと針を刺す時が痛いってくらいだということでいいことずくめと思っていたんですが

 

このブログで効果を報告しようと思っていましたが、8回目の点滴を終えた後も特に変化なしです。疲労感がなくなった!とか視界がクリア!とかも感じません。

肌はもともと白いし、風邪も引かないので、点滴したからと言って何かが良くなったという感じはありません。

 

 

本当は1年くらいは続けて様子をみようと思っていたのですが、何故やめようと思ったかというと自分の中での疑問が解決できず、心配性のあたしは「君子危うきに近寄らず」の心境だからです。最初は女医もおすすめ!みたいな感じでいいと思ってたんだけどなあ。

 

 

高濃度ビタミンC点滴はガン治療に効果があるといわれています。超高濃度ビタミンCを血液中に点滴するとビタミンCが酸化されて活性酸素の一種である過酸化水素が発生します。これがガン細胞だけを殺します。

 

正常な細胞はビタミンCが過酸化水素を発生させてもカタラーゼという酵素により除去され無害化されます。そして酸化型アスコルビン酸だけを取り込み免疫力を強化していきます。

ですからガンでない人にも美容、アンチエイジングに有効とされメガビタミン点滴は人気があります。

 

でもよく考えてみてください。過酸化水素の蓄積は白髪の原因になるといわれています。つまり老化!カタラーゼは年をとると減ってくるので、ビタミンCが細胞に取り込まれる過程で過酸化水素がどれだけ発生するかわからないし、もしカタラーゼの量が過酸化水素の処理に追いつかなかったら本末転倒じゃないか?

 

アンチエイジングのためにやっていることが逆効果なのではないでしょうか。これだけ医療が発達しても白髪の原因ははっきりわかっていません。

 

 

もう何を信じればいいのか分からない。

 

 

白髪にはビタミンCの摂取が良いとされています。経口摂取の場合は活性酸素を除去する作用があるから良いとされていますが、ビタミンCだけでなく鉄分や亜鉛も大切です。

あたしは少し貧血気味なので鉄分は不足してると思います。あたしの考えだと鉄分不足の人はカタラーゼ少ないんじゃないかと思うんです。

 

白髪はまだ生えていませんが、将来のために気をつけたいと思います。

 

東南アジアにいる無カタラーゼ症の方は白髪なんですかね?詳しい文献が出てこないのでわかりません。

 

 

歯のホワイトニングも過酸化水素を使うので、白い歯と引き換えに白髪になったら嫌だし。

 

その不安が原因でホワイトニングも中断中なんです。だれか専門家に聞きたいくらいです。でもそんな専門家は近くにいませんし、本当のことがわからないので自分で納得できないものはやらないことにしたんです。

 

 

結局、人間の体のことってほとんどわかっていないんだと思います。ビタミンだって今知られているメジャーなビタミン以外にもたくさん存在している気がします。

 

 

ばかなのに難しいことを考えすぎて何だかよく分からなくなってきましたが、過酸化水素を処理するカタラーゼの増やし方がよくわからないのでリプライセルのグルタチオン飲んでみます。これも長期的に飲んで本当に大丈夫なのか謎ですけど。

 

 

病気や老化は活性酸素が原因だといわれています。活性酸素の中でも毒性が最も強いヒドロオキラジカルは老化の直接的な原因になります。過酸化水素からヒドロオキラジカルになってしまうのだけは避けたい。

 

 

ヒドロオキラジカル処理には水素がいいらしいので

 

マイナスイオン原液「勝 水素水」 

 

を飲み始めました。

 

最近も水素水の広告「根拠なし」とニュースになっていましたけど、やはり水素水自体は効果あるんじゃないでしょうか。

勝 水素水」は少量なのに高い抗酸化力ってところが気に入ってます。これなら続けられそうで効果を期待しています。以前パウチの水素水は飲んだことあるのですが、いっきに飲みきるのが大変で挫折したのです

 

これが「勝 水素水」です。老化を防ぐ奇跡の水ぴかぴか

 

勝セット

 

味はふつうに美味しい水って感じです。これはマイナス水素イオンが安定的に水の中に溶存しているので水素がほとんど抜けません。1本ずつ切り離して飲めるので衛生的です。

 

水素水はいくら飲んでも体には無害なので安心ですラッキー

 

同封されていた「マイナス水素イオンの可能性」という理学博士の話に興味津々で読んだのですが、いったい何の雑誌のコピーなのか気になります。

 

もっと詳しく話を聞きたいです。

 

 

有限会社 勝 ホームページ

 

マイナス水素イオンを直接キズ口につけてみたら、回復が早い気がするのです。気のせいじゃないと思う。

 

お風呂から出たら水素を飲んで、あまった水素を化粧水みたいに首や顔につけると気持ちいいです。

 

湯船に入れてみたいと思っているのですが、もったいないので基本的に原液のまま飲んでいますポッ

 

持ち運びもラクで飲みやすいので飲み忘れることはありません。なぜかこれを飲むと気持ちが落ち着く気がするのでこまめに1日6本ずつ飲んでいます。美容と健康のため継続してみようと思いますラブ

 

 

 

【YouTube】勝水素水ご紹介動画 【楽天市場】勝水素ショップ

【マイナス水素イオン】ファンサイト参加中

グルタチオン点滴

  • 2017.02.04 Saturday
  • 15:49

 職場の先輩が「最近、鼻の頭に毛が生えている気がしてしょうがないんだ」と言った。

 

 

ストレスでそのような症状が出るって聞いたことないけど、たぶん職場の人間関係でストレスを感じているのだと思います。

でも、鼻って...。その先輩、職場ではずっとジャイアン的な存在なんですよ。だけど最近、管理職に目を付けられていじめられてるっぽいです。子分も少なくなったし。

 

 

あたしの勝手な想像ですけど鼻ってもしかするとプライドを意味するのかな?いままでやりたい放題だったそのジャイアンは実は小心者で、本当はジャイアン自身がいじめられるのを一番恐れていて大きな態度をとっているのかな、と思っていました。

 

 

あたしは「自尊心」「プライド」「自己肯定感」ってどれも違うと思うんです。自尊心と自己肯定感は一緒にされやすいですけど違うと思います。自尊心は誰でも物心ついたときから持っているもので、自己肯定感は育っていく環境が大きい影響を与えると思います。

 

 

【自尊心】

社会的なものではなく、生まれたときからの絶対的なもの。例えばバカでも「バカ」と言われると怒る。ブスでも「ブス」と言われると傷つくみたいな感じですかね。

 

 

【自己肯定感】

自分の中のもうひとりの自分が理想を押し付けて現実の自分を否定する。「あたしはこんなこともできない」、「こんなに頭が悪い」、「こんなにも太った」みたいな感じで。これは幼少期から自分に向けられてきた他者からの評価で、他者によってつくられた社会的なもの。あたしはまさにこれです。ひどくなると被害妄想まで出てくることもあります。

 

 

 

自己肯定感が高い人は、自尊心をあまり外に出さないんですよね。バカ、デブ、ブス、と言われてもそんなこと言う人がバカなんだから相手にしないし、やり過ごすことができるんです。

でも、あたしみたいに自己肯定感が低い人は自尊心を傷つけられることに過剰に反応して、ちょっとのことで傷ついてしまいます。その結果、「これ以上傷つきたくない」という思いから秘密主義になったり目立たないように生きています。自尊心が傷つかないように先回りして自分を否定します。他人に否定されて傷つきたくないから。

 

自己肯定感の高い人がうらやましいです。あたしは、たとえどんなに幸せでも「死にたい」と思ったり虚無感が消えないんです。これは自分が思っている以上に周りの人を悲しませてしまうことにつながると思います。でも、こればっかりはなかなか治るものではないので、まずは「自己肯定感の低い自分」もすべて自分で自分を認めていくことで少し楽になるのかなと思います。

 

「自尊心」と「プライド」も同じではないと考えています。プライドと自己肯定感が共通するところは社会的なもの(理想と現実のギャップ)で常に人の目を気にするということだと思いますが、違うのはプライドの場合は実力ないのに「おれはすごい」「おれはできる」と思っている勘違いや思い込みだと思います。自信はないが自己評価が高く、自分より劣っている同僚を見下し周りから嫌われていき、とりまきの子分たちも減っていき、人間関係で苦しむことになる。

 

 

自己肯定感がありプライドが高く自信のない人→傲慢な人。

 

自己肯定感が低く自分に自信がない人→自分の目指すところが高い結果、自己否定をしてしまう人。

 

 

そう考えるとすべて納得いくんですよ。

世の中は優しくて親切で良い人が多いですけど、たまーに横柄で傲慢な人とか、クレーマーとか、こっちは何もしてないのにやたら横柄で態度でかくて意地悪そうな顔した人っているんですよね。そんな態度したら周りの人は不愉快になるのに、そんな態度をとるのは何でなんだろう?って考えました。

まあ、そういう人に共通して言えるのは「実生活が幸せではない」ってことですから、かわいそうな人だなと憐れんであげればいいのですが、あたしはそういう人に出くわしたせいで嫌な気持ちになるのがイヤなので、横柄な人や悪いことする人がどうしてそうなったのか原因と背景を考えます。

 

「なんであの時あの人はあんなこと言ったんだろう」とか「なんであの人はあんな態度なんだろう」と考えすぎて疲れるけど自分なりに納得することでモヤモヤした嫌な気分が解消されます。

 

一番いいのはそんなことに反応せず、何も考えないことなんですけどね。

 

身体醜形恐怖症も自己肯定感が低いのが原因なんじゃないかなと思います。人並み以上に美人なのに、「私ブスだからもっときれいにならなくちゃいけない」と思い込んでしまう。きっと周りからは、あの人美意識高いわねーとか、あの人いったい何を目指しているんだろうとか思われるんですかね。なんでもそうだと思いますが、物事にこだわり執着して自然体でいることができないのは不幸なことだと思います。

 

人は生まれたときから何かにとらわれて生きていくのだ思いますが、こだわることと信念をもつということは違うと思います。「こうじゃなやいけない」「こうするべきだ」「そうにきまってる」という固定観念を持っている人は、それを人に押し付けがちだし無意識のうちに人を傷てしまうこともあります。何事にもとらわれることなく、こだわりのない人がこの世で一番幸せな人なんじゃないかと思います。

 

 

そんなこと考えていると疲れます。動かないで考えているだけでも体力って消耗するんですかね?

 

 

疲労回復のビタミン点滴に行ってみましたたらーっ

 

今回の点滴はビタミンBがメインでグルタチオンも入っています。いつものビタミンCに比べて液体の色が黄色い。ビタミンBは黄色いんだって。グルタチオンは解毒作用や抗酸化作用があり健康維持には必須です。今回は点滴中あまり喉が渇かなかったです。

 

先生と看護師さんはビタミンBより高濃度ビタミンC点滴のほうがおすすめだと言っていました。ビタミンBにグルタチオンも配合されていると料金も高いので、アイハーブでリプライセルのグルタチオン買ってみました。これです↓

 

グルタチオン

                                                          iHerb公式サイト

 

紫のリプライセル。少量の水の中に入れて一気に飲み込むので、味はよくわかりません。いきなり飲んだからって何が目で見えて変わるというわけではありませんが、続けることに意味があるのかな?続けるかどうかわかりませんが、とりあえずひと箱試してみようかな。

 

高濃度ビタミンC点滴

  • 2017.01.08 Sunday
  • 08:34

今日はビタミン点滴の日でしたかわいいかわいい 近くの皮膚科に月2回点滴しに行っています。

 

 

点滴をはじめたきっかけは、自傷行為でした冷や汗 身体のどこかが痛いと精神が安定するんです。←自己肯定感低いあせあせ

 

気分が落ちたときに衝動的にやってしまうので、どうせ傷つけるなら体に良いといわれてることしよう・・・と思い、自傷しそうな気配を感じたら、とりあえず刺してー!と心の中で叫びながら病院へGo=3汗 そのおかげか今は穏やかに過ごせている気がします。

 

 

 

クリニックの説明によると、「高い抗酸化作用をもつビタミンCは肌細胞の老化を防いでくれて、免疫力強化、疲労回復、美白作用など広範囲にわたる効果を得ることができます。ビタミンCは水溶性ビタミンなので水に溶けやすく、大量に摂取しても蓄積することがなく体外に排泄されてしまい、ほとんどの日本人には副作用がありません。」とのこと。

 

 

いいことずくめだ、とりあえず体験してみよう。

でも、事前にいろいろなクリニックのHPで調べて気になっていたことがあったんです。ほとんどのクリニックでは事前にG6PD活性の検査が必要らしいのです。世の中にはG6PD酸素欠損症という遺伝性の病気があり、この病気に罹患している人はビタミンCで溶血性貧血になるというのだ。料金はクリニックによって多少異なりますが、けっこう高いし検査の結果を待つのもストレスになるので、もし検査が必要なら点滴はやめようと思っていました。

 

 

先生に「検査とかやるんですか」と聞くと、「うちはやってないの。東南アジア出身の人じゃないかぎりは大丈夫だから」

 

 

それを聞いて、いっきに高濃度ビタミンC点滴のハードルが下がった。

診察が終わり、点滴時間は約40分。はじまってすぐに、すごく喉が渇く!いっきに500mlのミネラルウオーターを飲み干しました。

終わってみて劇的に何がどう変わるわけではないのですが、継続するのがいいらしいので、とりあえずしばらく続けてみようと思いました。人体に悪い成分も一緒に体の中に入っているのではないか、とか不安を考え出すときりがないけど、何か変化があったらまたレポートしますウィンク